家の中にいて身近に起こるのが、電化製品の故障・停電など家電のトラブル。

しかも、電化製品というものは不思議と続けて壊れたりするもので… なんか悲しくなってしまう。

数ヶ月前の我が家は、まず電気ケトルが壊れ…そんなに経たないうちにオーブンレンジが壊れ…テレビのリモコンが壊れ(これは子供たちの喧嘩で破壊されただけ 泣)…パソコンの調子が悪くなり買い替え…など散々。

ホントここまで続くと、こういう話も信じてしまう。。。
家の電化製品が最近なぜか次々と壊れる話~実は人生の転機を…

電器屋さんには(またこの家族来たよ…)と思われていたに違いない。



ケトルなんかは、別のものでお湯を沸かせばいいので、代用がきくのだが、冷蔵庫やレンジ、今の時期だとヒーターなんかは常に毎日使っているようなものなので、壊れてしまうと大変だ。

私はまだ経験がないのだが、寿命がきた炊飯器では、すごいマズイご飯が炊けるらしい…

家電の故障や壊れやすさを防ぐには、やっぱり最初から良いモノを選ぶことも大事だと思う。値段が高ければ良い…というわけではない。



私が失敗したな…と思ったのが、テレビ。

地デジに移行した時に、ブルーレイ内蔵のテレビを購入したのだが…2年経つか?経たないかのうちに、ブルーレイが入ったまま…取り出しボタンを押しても出てこなくなったり、録画はちゃんとできても再生がうまくいかなかったりなど…不具合が出始めた。

場所を取らないし‘内蔵’という響きになんだかお得感を感じて安易に購入してしまったことを後悔した。結局今は再生のみ別に購入したプレーヤーを使っている。

今は何を買うにも種類がたくさんあるので、惑わされずに・しっかり吟味してモノを選ぶことが大事だな…と思う。